離婚を望まない場合の調査

「パートナーが不倫をしていたとしても、離婚は考えていない」

そうお考えの方も沢山いらっしゃると思います。

このようなケースにおける【証拠収集】についてまとめてみますので、参考にしていただければ幸いです。

不貞の証拠映像はやはり大事

  • メッセージのやり取り
  • ツーショット写真
  • ラブホテルのレシート

これらの証拠は、法律上、不貞の証拠とはなりません。

「裁判をするつもりは無いので不貞の証拠は無くても大丈夫なのでは?」

とお考えの方もいらっしゃると思いますが、そうでもないんです。
法的な観点では必須ではないとしても、不貞の証拠があるからこそできること、これがないとできないこと、があるのです。

不倫相手との関係を終わらせるために


離婚を考えていない場合、
最大の目的は
【不倫相手との関係を終わらせる】
ということでしょう。

確実に関係を断たせるには、それなりの準備が必要となってきます。

不倫を認めさせる証拠が必要

たとえば、不貞の証拠を入手しておらず、
メッセージのやりとりだけを元に、パートナーを問い詰めた場合。
パートナーはどのような行動を取るでしょうか。

もちろん、素直に認めて謝罪する場合もあるかもしれませんが

  • 言い訳をする
  • 関係を否定する
  • 逆ギレする

なんてことも十分考えられます。
その他にも様々な方法で言い逃れされてしまう可能性がありますよね。
言い逃れされないためにも、不貞の証拠をおさえることに意味があります。

誓約書作成のための情報が必要

不倫を認め、謝罪を受けた場合。
次のステップとして、「もう二度としません」という誓約書を書かせるという流れになると思います。

ただ、これはパートナーだけではなく、不倫相手にも書いてもらわないといけません。

つまり、パートナーに不倫を認めさせるだけではなく、「不倫相手の特定」「不倫相手にも不倫を認めさせる」ということも必要になってきます。

不倫相手の自宅や勤務先の特定

仮にメッセージなどのやりとりの履歴だけでパートナーが不倫を認めたとしても、それだけでは不倫相手の居宅先などの情報はわかりませんよね。
居住先はおろか、相手の特定すらもできないかもしれません。

不倫相手の情報を得ることで、誓約書の作成につなげることができます。

不倫相手にも認めさせる

そもそも誓約のためには、パートナーだけでなく、不倫相手にも、不貞を認めさせる必要があります。

明確な証拠がない状態で、不倫相手も素直に不貞を認め、素直に誓約書の内容に応じる可能性は低いのではないでしょうか。

ですが、裁判でも認められるような決定的な証拠があれば言い逃れは出来ません。

逃げられない為にも、不貞の証拠を収集することがとても大事です。

補足: 誓約書について

誓約書を書いてもらいましょう!
と言っても、その内容は様々。

内容や書き方によっては、法的効力が全く無いものになってしまう可能性もあります。

文面の例はインターネットで
「不倫 誓約書 書き方」
などと調べれば、いくらでも出てきます。

しかし、個人的には最後まで徹底的にベストな方法を選択して欲しいと考えております。

その際は【公正証書】というワードを覚えておいてください。

公正証書とは、法務大臣に任命された公証人が作成する公文書のこと。
つまり、専門家が作成した非常に効力が高いもののことです。

確実な証拠と確実な書面。

これらが揃えばとても強いです。


意思を優位にするために

パートナーが離婚を切り出してきた場合にも有効

ご自身が復縁を希望していても、パートナーも同じだとは限りません。

不倫相手との間に愛情が芽生えてしまい、その相手と結婚したいと思ってしまっているケースもあるのです。

そうなると、現在のパートナー(この場合はあなた)と別れる方法を模索してきます。

性格の不一致だとか
浪費癖があるとか
暴力を振るわれたとか

実際にそのようなことがあったかは別として、色々な理由をつけてくるでしょう。

そうなった場合にも、不貞の証拠は大変有効になります。

不貞行為をしている側が離婚を主張しても、あなたが離婚の意思を見せなければ成立しないのです。


慰謝料請求のために

不倫関係を終わらせるための有効手段

不倫相手に離れてもらう方法として、慰謝料請求は非常に有効です。

(相手が慰謝料請求に応じ、尚且つ誓約書も書いてくれるのがベストですね)

慰謝料請求に応じなければ裁判となるので、不倫相手からしてもそれは避けたいでしょう。
曖昧な別れではなく、確実に関係を絶たせるためにはとても効果があります。

また、慰謝料請求に素直に応じず、相手がゴネてきた場合。

その際は、
「別れるなら慰謝料を安くする」
「別れるなら慰謝料請求は取り下げる」
など

【こちら側も譲歩することで一番の目的(=確実に別れさせる)を達成しやすくする】
という効果もあるか思います。

慰謝料請求のためには不貞の証拠が必ず必要です。
証拠をもっている場合だと、どんなケースでもこちら側が絶対有利な状況で臨むことができます。


まとめ


裁判上で不貞と判断されるような[確かな証拠]の重要性をご理解頂けましたでしょうか。

色々とネガティブな内容も書いてしまいましたが、結婚を決断することは相当な覚悟が必要だったと思います。

例え不倫をしてしまったことが事実だとしても、本当に大事なのはあなたや子ども達のはずです。

起こってしまった問題はきちんとした方法で解決し、関係の修復へ向けて頑張って下さい。

弊社も力になれるように頑張ります!

【横浜の探偵】浮気・不倫調査を安心低価格で!総合探偵社フクギ

横浜市に所在する【総合探偵社フクギ】です。 浮気・不倫調査などの各種素行調査や ストーカーなどの嫌がらせ対策・盗聴器発見 など、各種調査のご依頼を承っております。 神奈川・東京都内はもちろん、日本全国対応可能です。お気軽にご連絡下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000