調査事例5 〜海外〜

総合探偵社フクギ
代表の石川です。

今回は社員時代に行った初めての海外での調査のお話。行き先はタイ王国です。


依頼者→妻(日本在住)
対象者→夫(日本人・タイに単身赴任)

単身赴任先のタイで夫が彼女を作ったようだ。との相談が入り調査に至りました。

事前にわかっていることは対象者の写真や身長・体重などの情報と会社の住所のみ。

・現在住んでいるところ
・女性と会ったらその人の情報

これらを判明させる為の調査です。

調査は対象者の勤務先から開始。
出社を確認する為、朝からの調査です。

勤務先はタイの中でもかなり栄えた地域に所在し、人も車も多い。

尚且つ、その勤務先はショッピングモールも入っているようなビルの中。

出入り口は5カ所ぐらいあるのに、調査員は私と先輩社員の2名のみ。

依頼者さんと金銭面なども含めて相談した結果この人数になったので仕方ないのだが、かなり難しい状況ではありました。 

が、なんとか出社を確認!
(とても苦労した詳細は割愛します)

そして、退社も確認!

尾行を開始するも、ビルの敷地内ですぐに車に乗る対象者。

先輩、発進する前にすぐさま同ビル内に停車していたタクシーに乗り込むナイスプレー。

しかし、不安である。

目の前の道路は交通量も非常に多く、車で最後まで追えるのか。

運転を自分達でするならまだしもドライバーはタクシーの運転手、しかも外国人。

ということで、私はバイクタクシーで追うことに。

タイにはバイクタクシーも多くあって、ちょうど近くにいました。

私もバイクタクシーの運転手もカタコトの英語で話すが、お互い完全には理解できていない。

しかし、身振り手振りや焦っている感を出せばなんとかなるものである。

急いでヘルメットを被り、バイク発進。
対象者の乗った車の近くにつくことに成功しました。

ちなみに、タクシーに乗った先輩はビルからなかなか出れず、悲しげな顔でこちらをみている。

やっと出られた時には対象者を乗せた車は遥か遠くに。

そう、失敗である。

となるとあとは私が一人でやるしかない。
運転手次第ではあるが…

追いかけながら片手で撮影。

言葉が通じない時はもう片方の手でスマホの翻訳。

色々と危なかったです。

しかし、ラッキーだったのは運転手がノリノリだったこと。

二人してよくわからないテンションでした。

競馬のジョッキーが馬を鞭で叩くように
運転手の背中を叩いて気合を注入。

その甲斐もあって(?)、対象者の居住先であるマンションを特定することに成功しました。

恐らく高待遇を受けているであろう日本人が住むマンション。

超がつくほど厳重である。

オートロックのゲートが2つ
警備員が1名

号室まで判明させるのは厳しいかな?
と思っていたが

色々なテクニック(詳細についてはここには書けないので気になる方はご連絡ください)
を駆使して、なんとか号室も判明させることができました!

別日に女性と共に同マンション内に入ることも確認し、証拠の映像も揃えることができました。

更に別日の調査にて、相手女性の自宅も判明。

私にとってはこれが初めての海外調査でしたが、成功させることが出来て非常に自信になったのを覚えています。

そして、タクシー内で悲しげな表情をする先輩に「あとは任せてください!」とグーサインをして颯爽と去って行った私はめちゃくちゃかっこよかったと思います(笑)

その後も何度か他国にも調査に行き、今のところはしっかり映像も撮れています。

海外の調査もお任せ下さい!!

【横浜の探偵】浮気・不倫調査を安心低価格で!総合探偵社フクギ

横浜市に所在する【総合探偵社フクギ】です。 浮気・不倫調査などの各種素行調査や ストーカーなどの嫌がらせ対策・盗聴器発見 など、各種調査のご依頼を承っております。 神奈川・東京都内はもちろん、日本全国対応可能です。お気軽にご連絡下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000